異世界の姫君:96話

 レティシスは、双剣を握り直しながら、片手剣を左手に持って鋭くこちらを見つめるカインの正面から挑みかかる。
「てぇええいッ!!」
 右の剣で防ぐために掲げられたカインの剣を打ち据え、左で胸目掛けて突き込む。カインが立ち位置をずらし、身体の向きを剣と平行にした。
 白い鎧の表面を、小さい火花と金属音を散らせながらも剣は滑っていく。
 カインは自(おの)ずから、がら空きになったレティシスの胴へ一歩踏み込み、心窩(しんか)へと肘を刺すように突き入れる。
「ごふ……っ……!」
 めきりと骨の軋む音が聞こえ、レティシスの視界にはカインの濁りのない金髪と、対照的に昏い色合いに見える蒼い瞳が映る。
「……先に旅立て……!」
 地の底から響くような声を出したカインはレティシスの頸を掴み、指の一本一本に力を込めた。
 カインを斬りつけようともがいたレティシスは、右腕で剣の刃を直に握ると――相手の肩に突き刺す。
「貴様……!」
 苦痛に顔を歪めたカインだったが、ほぼ同時にレティシスの腹には、ずぶりとカインの剣が突き刺さっていた。
「ぐ、うぅ……ぁああっ!!」
 灼けつくような痛みにのけぞるレティシス。赤く点滅する視界では、ルエリアの剣が閃き、避けたカインの肩が赤く……いや、視界も赤いので、黒ずんで見えていた。

「レティシス、気を散らさずに集中しろ。おまえより、レスターのほうがまだ使えるぞ?」
 隣に立ってカインを牽制しつつ、ルエリアが比較対象にレスターを選んだので、レティシスは痛む脇腹を押さえながらよせよ、と不機嫌そうに呻く。掌がぬるついて、じくじくと脈動する痛みが気を削いでいく。
「……あんな坊やに劣るわけ無いだろ」
「その『坊や』は、3つ4つしかおまえと変わらんはずだが。そしてカインに手心を加えているようでは、おまえも程度は変わらぬ」
 図星を指されたような顔を浮かべ、視線を外したレティシスに、ルエリアはまぁいいと笑って、その程度の怪我で医務室に連れて行ってもらえると思うなよと意地悪く告げ、カインから無数に繰り出される突きを剣で弾いていく。

「ふん……おまえでも血は緋いのだな」
 肩を刺されたせいか、白かった服の一部は出血で赤く染まり、カインの攻撃も明らかに鈍ってきている。
「貴様こそ、血が流れているのなら見せてもらおうか……!」
 負傷していてもカインの膂力(りょりょく)は強く、半神半人とはいえルエリアもれっきとした女性である。
 剣の腕はあっても、力と技両方を備え持つものに関しては、受け流すことはできても押し返せない。
「ぬぅ……!」
 身を翻したところに白いドレスが剣を絡めとり、斬り裂かれて引き締まった白い太ももがあらわになる。
 足にも身体にも傷はついていないようだったが、恐ろしいまでの美貌に、冷や汗が浮いた。
「女の服に剣を掛けるなど無礼者が……恥を知れ」
「ほざけ。貴様のなど見たくもないわ」
 レティシスもそれは同感だったので無言の肯定を示しておいた。
 しかし、ルエリアとて外見は若い。十分男のあれこれを刺激してもおかしくないほどの美女なのだが――2人が全く興味を示さないのは、そういう目で見ていないからに他ならない。
 ルエリアも鼻で笑ってから、血ではなくて残念だったな、と告げて幾分動きやすくなったのか、素早い動きでカインの狙いを僅かに逸らさせる。
 脇腹の痛みを懸命に堪え、レティシスは先ほど突き刺したカインの腕を執拗に狙う。

「……貴様ら程度に、俺の望みを阻まれてなるものか……!!」
 カインも狙われた腕を庇うようにしながら、分身を出現させて片方にあてがった。
「力の入手があんたの望みだとしても。シェリアの一縷(いちる)の望みは――世界の運命を変えるほどのものだ!!
 そんな力を……、誰にも渡す訳にはいかないんだよ!!」
 レティシスが力強く言い放ちながら、カインの剣を双剣を交差させて抑えこむ。
「――ルエリア!!  やれ!!」
 もう1人のカインが、その気配を察知して駆けてくる彼女へ斬りこむが……ルエリアは身を低くして、するりと剣をくぐる。
 カインの剣はルエリアの身体を斬る事はできず――かわりに山吹色の長い髪を削ぎ切り、虚空へ舞わせるだけだった。

 ルエリアは剣を両手に握り、眼前に迫った、魔王カイン……人類の敵となる男の肩から腹部へ、全膂力を使い袈裟に斬りつけた。

 カインの身を守る鎧を叩き割り、深々と刃は肉に食い込み、断ち切りながらも……途中でその刃が金属疲労を起こし、真っ二つに折れる。

 倒れさせるまでには至らなかったが、
 深手を追わせるということには成功したらしく分身は消失し、当のカインも……深く傷つけられた胸を押さえ、溢れ出る血液を眺めていた。
「……貴様らなどに、このオレが深手を負わせられるとは……!」
 止めどなく溢れ、生暖かい感触が自身の服を濡らしていく……久しぶりの感覚に、カインは憎々しげに2人を睨んだが――……剣を収めると、ため息を1つ吐いて目を閉じる。

「オレをどうする。殺すことも出来なければ、ここに封じることすらかなわんのだろう?」
「……そのとおりだ。封じようとも我が城には置けぬ。たとえ今拘束したところで……おまえを確保できん」
 そう。既に、カインの足元には――イリスクラフトの転移魔法が働いていたのだ。
 予め何らかの道具を渡されていたのか、飛空艇からカインを喚んだのかは定かではないにしろ……手を伸ばしても、捕まえることはできそうにない。
 ルエリアの悔しそうな顔とは対照的に、ざまぁみろと言わんばかりのカインの嘲笑があった。
「次に会うときは、必ず殺してやる――レティシス。貴様は絶対……楽には殺さん」
 せいぜい、それまで楽しく生きながらえることだ……!
 そう言って、カインの姿は消えた。

 光が収まった後、数秒そこに佇んでいたレティシスは、長くゆっくり息を吐くと、その場にドサリと倒れこんだ。
「レティシス。そこで寝るな」
「……あんたは、どうしたら俺が寝てるように見えるんだ……!  いいから、誰か傷を癒せる奴とかいないのか?  正直立てない」
「なんだ、情けないなおまえ。アヤの前では格好つけていた癖に……うちの騎士より根性がないな」
 目を丸くして驚くルエリアに、なんとでも言えと不貞腐れたように視線を背けるレティシス。
 確かに腹部からの出血が多いのだが、ルエリアはさほど動じない。
「レティシス、止血は自分でやれ。おまえを医務室に放り込むより、我が騎士たちの手当のほうが先だ」
「……身びいきかよ。協力しただろ」
 恨みがましい視線を向けるレティシスに、ルエリアは案ずるなと言いながら、やや短くなった自身の髪に触れた。
「もうすぐ、アニスが来るだろう。体力を使うが、傷口を塞ぐことくらいはできるはずだ」
「最初から呼べば、いいだろ……!」
 そう言っても、アニスは彼らより目まぐるしく動いていたのだ。街の結界を張り直し、迫りくる敵を倒すために魔法を唱えたり、味方の守備強化を施したり……列挙に暇もない。
 数分後、ようやくやってきたアニスですらフラフラの状態で、レティシスに形ばかりの止血を施し、傷口を塞ぐため残り少ない精神力で回復魔法をかけたのだった。

BACK    NEXT

拍手ボタン