異世界の姫君:95話

 ルエリアの命令もあり、レティシスに背中を押されつつ、顔を青くしたアヤはレスターの側へと向かう。
 救護を妨害するためにカインが剣を振るってくるかと思いきや――予想に反して襲いかかる気配はなかった。
 カインにとって、ヒューバートやレスターは自身の駒にもならないのだろう。
 それゆえ、生かしても殺しても同じということか。
 予知ができるアヤが必要のはずだが、カインは彼女ではなくその隣にいるレティシスに射るような視線を向けていた。

「ラーズを帰したのも貴様か。
 10年前と同じように……まだオレの妨害をしようというのか、レティシス」
「あんたの妨害をしているわけじゃない。当時から俺の進むべき目標は変わっていないだけだ」
 言いながらレスターの腕を掴んで引っぱり立たせ、ヒューバートにも追い立てるように手で『行け』という素振りをするレティシス。
 アヤに向き直ると、約束は守ったぞと気だるそうに言った。
「……必ず、止める。だからあんたは、そいつらをちゃんと面倒みてやれよ。あんたとリスピアを守ってた騎士様たちだからな」
「……はい。ありがとう、レティシス」
「ふん。あんたの為にやってるワケじゃないから、礼なんて要らない」
 アヤの礼を適当に流し、またなと言って背を向ける。
 レスターの意識はしっかりあるのだが、大腿部の傷は深いようで、上手く力が入らず歩けないようだ。
「……部屋の外まで、一旦出よう。残念ながら僕らは邪魔者だから」
 そんな彼に、同じく怪我をしているヒューバートが肩を貸す。
 ヒューバートですら血の気のない青い顔に、言い尽くせぬ悔しさを滲ませていた。
 慌ててアヤが城内に通じる扉を開きに行って、戻ってくるとどちらに手を差し伸べるべきか迷い……出血の具合を見た。
「……姫、僕はまだ大丈夫です。どうか反対側からレスターを支えてやってください……」
 アヤの躊躇いを察知したらしいヒューバートが助言し、
 頷いたアヤはレスターの体に手を添えて、ゆっくり部屋を出ていった。

 それを見送ったルエリアは、カインの握っている光剣を見つめながら口を開いた。

「――アルガレスの創造法具であり、王家に伝わる宝刀、光剣【ウィアス】
 リスピアの創造法具を作成したのは月の女神エリスだが、
 アルガレスの創造法具を作ったのは、太陽神ルァンだったな」
 カインは答えず、視線を投げるだけだ。
「光剣は己と同等の力を持った分身を作り上げることができる――という能力だったと記憶している。
 うちの騎士たちはおまえに手傷を負わせることすらできぬ体たらく……また鍛え上げねばなるまいな」
 そこまで言って、ルエリアはカインへ剣を向けた。
「分身を斬ろうが、本体を斬ろうが……どちらでもおまえの身体に傷がつくというのに」
「そこまでわかっていながら、手を貸さなかったのは我が身可愛さか?」
 カインの問いに、ばかめ、と言い放ったルエリアは――ふっと目を細めた。
「余に命を預け、懸命に応えてくれる兵たちだ。愛でぬわけがあるまい。
 だからといって余が何でも手を出していたら身体が追い付かぬ。それに、男の矜持(きょうじ)もあろう?
 兵は捨て駒ではない。命を無駄に散らさせぬ程度の配慮はしているつもりだ……」
 そう言った女王の表情は僅かに翳る。
 いくら女神と勇者の娘とはいえルエリアとて万能ではない。救ってやれぬ兵たちも多く出てしまった事だろう。
 それを嘆かぬほど薄情ではないが、一国を預かる身として表情に出してしまえば、兵の士気も落ちよう。
 ヒューバートはともかく、レスターも良く耐えた。
 2人を退かせたのも無駄に命を散らす必要がない事と――レティシスが来れば、勝てる算段はあったからだ。
 ルエリアは再びいつものように余裕を持った顔つきに戻り、カインを見据えた。

 アルガレス帝国は、旧い血筋を脈々と受け継ぐ王族である。
 遥か昔に、太陽神ルァンより受けた――いわば、加護のようなものがある。
 それは子孫である彼にもあるはずなのだが……ルエリアは不可解そうに眉を寄せた。
 初めて顔を合わせたときには、確かにそれは『あった』のだ。
「カイン、おまえはどうなっている。なぜルァンの加護を感じぬ?」
「…………答える必要はない」
 魔王となってしまい、消えるようなものではないはずだ。
 ルァンが消したのか、あるいは……。
「おまえ――まさか」
「――黙れ!」
 カインはルエリアに疾走し、瞬時に彼女の側面から剣を振るうと同時、
 即座に分身してルエリアの背後から恐ろしい速さで淡く発光する剣を横に薙いだ。
 ほぼ同時に繰り出される攻撃を、ルエリアは上半身を逸らして躱し、背面に迫る攻撃を後ろ手に構えた剣で受け止めた。
 憎々しげに自分を見つめるカインに、ルエリアは自分の考えが間違っていないのを確信した。
「……イリスクラフトもよくやったものだ。だが、そうすることもなかったろうに……」
 もう一度、カインは黙れと言って剣に力を込めるが、踏み込んできたレティシスの剣を躱すために後方へ飛び退いた。
 着地した彼を、更にレティシスが追って剣を交わらせる。
 数撃にわたり剣をかち合わせ、2人の視線は幾度も絡み合う。
「――正直、俺はあんたを……生かしておきたくはない。だが、殺したいと思うほどではない。
 ラーズもそうだ……あいつには、やるべきことがあるから死んでもらったら困るっていうのもある」
「オレがシェリアを刺した時には、殺してやると叫んでいたのは誰だったか。
 力を解放できた暁には、亡骸くらいは貴様にやろう」
 カインの挑発に、ぐっと感情を堪えたレティシスは唇を噛んで睨むに留める。
「あんたは……最低だ」
「好かれようが嫌われようが、一向に構わん」
 2人のカインの攻撃を双剣で受け止め、素早い一撃を見舞うレティシス。
 カインの二の腕を薄く切り裂くと、斬られていない方からも同じ個所に血が滲んでいる。
「レティシス!」
「わかってる!」
 そこを反撃の機会と睨み、レティシスとルエリアが挟撃に出た。

BACK    NEXT

拍手ボタン