異世界の姫君:91話

 土砂を跳ね上げるほどに強く降り続ける雨は、一向に止む気配はなかった。
 鈍い音を立てながら一方の剣を魔族の身体に深々と突き刺し、もう一方の手に持った剣で首を撥ねる。
 勢い良くどこかに飛んでいった首の行方などには微塵も興味を示さぬレティシスは、命の宿らぬ肉塊となったモノを力強く蹴り飛ばしつつ、剣を引き抜いた。

 少なくなってきた敵の姿を捉えるが、そこへリスピアの騎馬隊が押し寄せ、馬体で壁を作るようにして応戦している。
 わざわざ突入してまで魔族を刈り取るような気にもなれず、次の獲物の目星をつけるべく、素早く視線を走らせた時のこと。

「――……!」
 雨の音でかき消されてしまったが、微かにアヤ――とか言った姫の声が聞こえた気がした。
 刹那、空から赤い光が降り注ぎ、城壁を破壊して連続的な小爆発を起こす。
 投石器にも着火したのか、豪雨をものともせずに炎はその舌を伸ばし、
 舐めるように焼き、部品の一部を欠損したらしく縄が切れた。
 地響きのような音を上げ、倒れる。
 数人、赤い光の着弾前に素早く待避したようだったが、逃げ遅れた――良い言い方をすれば、持ち場を離れなかった大半が巻き込まれているだろう。

(この光は、ラーズによるものか……)
 レティシスは眉を寄せ、飛来した方を見つめる。竜騎士達が向かうそこには、銀色の飛空艇が浮いていた。
 そして、昔のことを思い出す。
『――アルガレスは今、天翔る船を研究中だ。
 いつか実用化が成功し、導入されれば貨物や人間が今までよりも早く、安全に運搬できるようになる』
 カインはその青い瞳に優しさを浮かべつつ、平和に暮らせる世が一日も早く訪れればいい、と言う。
 魔王を倒す旅を続ける彼らは、時折将来の夢や自身のことを語り合う。
 ラーズはいつも主であるカインを支え、レティシスも仲間を深く信頼しきっていた。

 そんな日もあったというのに。
 戦場で物思いに耽る隙だらけのレティシスへ、近づいてきた巨人の棍棒が叩き潰さんと唸りを上げた。
 思い切り棍棒を振り下ろす。地面がその衝撃に耐え切れず、周辺の地面が沈下したが……レティシスの姿はない。
 彼は既に上空へと跳躍し棍棒の一撃を軽々と避け、胸の前で交差させた双剣で水平に切り裂く。
 巨人の眼は切り裂かれ、着地すると同時に右腕、左腕を即座に切り離す。
 前のめりになった巨体を、渾身の力を込めて両断した。
 ばしゃばしゃとバケツに入った水をひっくり返したように、激しく滴る魔族の血を浴びてなお表情ひとつ変えぬレティシス。
 そして、戦いの最中。ルエリアがレティシスや兵士に城門から離れろと叫んだ。
 再び赤い光が降り注ぎ、城門を貫いて吹き飛ばす――が、執務室にもそれは落ちてしまった。
「――……!」
 驚きに目を見開いたレティシスだったが、爆発音は聞こえてこない。
 そういえば、アヤが『止めることができるかもしれない』ような事を言っていた。その方法で阻止したのだろうか。
(どうでもいいけどな……)
 ――リスピアのことなんて、どうでもいいって思ってるでしょ。
 ついでに、アヤがレティシスに文句を言った事を思い出して、ふんと鼻を鳴らした。
 確かに――この国が滅びようが繁栄しようが、彼自身の何かが変わるわけではない。どうでもいいのだ。
 なるようにしかならないのだから。
 もし滅べば、カインはシェリアの封印を解こうとするだろう。
 そして……今度こそシェリアは殺され、力を奪われてしまう。ラーズはあの時と同じように、止めには入らないはずだ。

(シェリア……あんたは、どうしたい?
 カインを助けようとした自分が傷ついて、俺の記憶も消して――自分は封印を望んで目覚めることなく眠ったまま。

 あんたが助けたかったものは、もうアイツのどこにもいないんだぜ……)
 でも、彼女はそれでも――望みを捨てないのだろうか?
 ――残されたくないから。生きて帰ってきて欲しいから、私はそれを手伝いたい……!

 あの時アヤがレティシスを睨みながら告げた言葉を、苦々しい気持ちで聞いていた。
 アヤはどこかしら、シェリアに雰囲気が似ていて、シェリアが言ったようにも聞こえた。
 しかしアヤはアヤであって、シェリアはシェリアだ。
 それはわかっているが、つい邪険に扱ってしまう。だから……近づくのは、頼られるのは嫌だった。

「――……何考えてるんだよ、俺は」
 アヤの事もどうでもいい。とにかく目の前のことに集中しなければいけないのに。
 自分の働き次第で、ルエリアは約束を守ってくれるはずだ。

 だが、再び動き出そうとしたレティシスの前に――光の柱が現れた。
 そこから出てきたのは、マジックマスター、ラーズ。
 レティシスの姿を認めて降りて来たのか、また別の思惑があっての偶然か。
 お互い、無言で視線を交わらせた。

「――……皮肉なものですね。かつての仲間が、敵に雇われているのも」
「そうだな。魔王に仕え、世界の危機も分からないような使えない兄貴を持ったあいつも、さぞかし恥ずかしいだろう。
 封印されて引き篭もりたい気持ちになったのも理解できる」
 レティシスの挑発じみた受け答えに、ぴくり、とラーズの眉が動いた。
「もし、シェリアがマジックマスターだったとしても。自分と同じ道を進んだでしょう……」
「だったら――残されたほうは、魔王を倒すために立ち上がれたのか?
 ラーズ。あんたはそうしていたか?  あんたにもそう出来たのか!?」
 その質問に、稀代の魔術師は答えない。
 レティシスは唇を噛んで土を蹴ったが、水しぶきも大きく跳ね、一瞬双方の視界を遮った。
 再び、水の膜が消えると――2人の視線は交差し、戦闘の体勢へと移る。

「ラーズ、あんたの魔法の腕には誰も敵うものは居ない。
 だが――力を持っただけの人形だ。あんたの力があれば、あの時シェリアを助けることも出来たはずだ!
  家族を助けることも出来ず、主君が間違っても止めることもできない!  そんな人形に、シェリアを渡す訳にはいかない!!」
「--……レティシス……。このわたしを『人形』と呼ぶな……!!」
 ラーズが手を前にかざし、レティシスは呪文を察知して素早く横に跳ぶ。
 レティシスが立っていたあたりの地面から鋭利な土の刺が出現した。もしもレティシスが察知できなければ、その刺に串刺しにされていただろう。
「なんだ。言われて怒るなら、自覚はあるのか?  直す気はなさそうだけどな」
 着地し、残像を残すようにしてラーズの懐に入ると……最速のタイミングで双剣を振るった。
 だが、それは魔法の障壁によって阻まれ、ラーズの体に食い込むことはなかった。
 冷たい色をした互いの眼は、もうかつての『仲間』を受け入れたりはしない。『敵』を見るものに変わっていた。

「あなたに協力する気がないのは、よくわかりました……。
 レティシス=エッジワース。あなたには……やはり死んで貰います」
 ラーズは、そうして杖を握り構え直すのだった。

BACK    NEXT

拍手ボタン