異世界の姫君:89話

 空に浮かぶ飛空艇へ、狙い違わず放たれたルエリアの矢。
 二度撃ってから、女王は弓を降ろして霧散させる。
「すごい……。矢で飛空艇が……」
 こそっと机の陰から顔を出すアヤは、黒煙を立ちのぼらせる飛空艇を見つめた。
 とはいえ、アヤのところからでは細微な観察を行うことはできず、銀の豆つぶ程度しか見えないのだが。
「あの弓は、魔術解除がついているほか不思議とよく当たる。かなり便利だぞ?
 残念ながら、射った矢にしかそれは働かないので、弓単体では軽い以外その辺の物と変わらぬが……」
 使いこなせるだけの腕を持つ者が未だ現れぬのだがな、と剣を拾いながらルエリアは再び空を見上げる。
「……そろそろ、奴らがやってくる頃か?  敵の数も大半は減っているしな……」
 墜としておけば良かった、と呟いたルエリアだったが――流石に弓ひとつであの飛空艇は落とせまい。
 それに、墜落させたとしてもアルガレスが引き返す事は考えられなかった。

「奴らにとって兵など捨て駒。全く、兵力を無駄遣いするのは愚かな君主のすることだ」
 だが、彼女の持論である『王自ら行動せよ』という行動についてはカインのそれも当てはまるため、それ以上は言わなかった。

「アヤ」
「はいっ」
 ルエリアに呼ばれて、背筋を伸ばしながら短く明瞭な返事をする。
「この部屋は破壊の限りをし尽くされる。ボサッと立っていると死ぬので、お前はそこから出るな」
 そしてレスターにも、アヤの前に居ろと命じて腕組みする。
「しかし、陛下の御身が危険に!」
「ふ……。お前に庇われるほど弱くはない。
 それに、あのふてぶてしい若造相手では、お前などものの5秒かからずに殺されるぞ。余が倒れることはまずないが、それまでは降りかかる火の粉だけ払え」
「――……御意」
 それには、レスターも反論しようがなかった。
 ヒューバートを凌ぐかもしれぬ剣の使い手であるなら、レスターが本気を出したところで打ち負かせるはずはない。
 騎士として主君より言い渡されるには辛い言葉であったが、それだけレスターやアヤを思っての事だろう。
 だが、数に入らないのなら邪魔だという意味もあるのかもしれないが――。

 アヤは机の下に膝を抱えるようにして座り、胸の前に指を組んで再び予知を始めていた。
 その正確性は高いようだし、今、自分が役に立てることといったらこれだけしかない。

 視えたのは、この執務室の光景だった。
 ルエリアがこちらに背を向けて外を眺めており、レスターは机のほう――おそらくアヤの事を見ている。

【――にげて】

 頭の中で、誰かの声が聞こえた。
(……誰?)
 ルエリアの声でもないし、予知でもそれらしき人物は出てきていない。ましてや、自分の声ではない。

【そこから、逃げて……】
 逃げろと訴えてくる女性の声。
 一体なんだろう、と訝しむアヤだったが、まだ先を視ようとした時の事だった。

【今すぐ逃げて!!】

 強い言葉だった。
 アヤはそれ以上何も考えず、瞳を開くと机の下から転がるように這い出して、どうしたと尋ねたレスターの腕を引きながらルエリアのほうへ駆けた。

「アヤ、一体どうした。何故陛下の仰ることを――」
 レスターがそう言った途端、机の真後に光の柱が立った。
 それを見つめたルエリアは、成程と口角を上げる。
「視えたのか、奴が来るのが」
「いいえ。誰か、女性の声で『逃げて』と……」
 アヤには聞き覚えのない声だった。あれから一度しか聞いていないが、エリスの声でもなかったはずだ。
 女性?  と口にしたルエリアには、何か心当たりがあったのだろう。それ以上は聞かなかった。
 部屋に出現した光柱を睨み、数歩前に出る。
 光の柱が消失し、そこから出現したのは、なんと――カイン一人だった。
 彼はじろじろと執務室を眺めた後、それぞれの顔を見つめてから余裕の表情を浮かべる。
「黒の姫まで手土産に用意してあるとは気が利くな、ルエリア」
「たわけ。手に入れる前に余を倒せるとでも思うたか。
 あいも変わらず、いけ好かぬ顔をしている。初めて謁見した時からそう思っていた」
 吐き捨てる女王に対し、魔王と称された男も『貴様に好かれようとは思っていない』と返し――どうする、と尋ねた。
「一応訊いておいてやるが……おとなしくその女と『あれ』を渡せ。そうすればこれ以上攻撃は加えず、軍を引かせよう」
 取引に応じるなら、今後この国に手は出さないでやってもいい、と言うのだが、ルエリアは嘲笑して首を横に振る。
「その言葉が真実だとしても--いや、おまえがいう事は恐らく真実だろう。
 いい加減魔族との戦にも飽き飽きしているところだが、それに応じれば世界を渡すのと同義。
 私怨から世界を掌握しようとするおまえに、譲り渡すことはできぬよ」
 ルエリアの返事は、大方予期していたものだったのだろう。
 カインはさして驚いたり怒ることもせず、静かに頷いて『それが返事だと思っていいんだな』と確認する。
「構わぬ。余が命乞いなどすると思ったか?」
「オレにそんな姿をするくらいなら、死んだほうがマシだ――とでもいうのだろう。
 命乞いするなら敵わずとも戦って、果てる方が潔いとは思う」
 そうして穏やかではないような会話をしているカインとルエリアだが、アヤは――この魔王と呼ばれる人物が、そこまで悪いようには見えなかった。
(応じることができるかはともかく、ちゃんと条件も出してくれてる。
 一方的な宣戦布告をするような人には思えないけど……)
 だが、ルエリアと敵対しているのだから、何か双方に問題があるのだろう。
 きっと、カインが欲している『あれ』という何か。

 一体それはなんなのだろう。
「……あの」
 つい、アヤはルエリアでもカインでもなく、言葉を発してしまう。その場にいた全員がアヤの方へ視線を移す。
「……あの。『あれ』って、何なのですか……?」
「下らんことを聞くな。教えられぬと言っただろう」
 ルエリアに叱られ、ごめんなさいと頭を下げたアヤだが、カインは『教えられていないのか』と不敵な笑みを浮かべた。
「勿体ぶってどうする、ルエリア?  この小娘は予知以外に何ができる。封印でも解いてくれるのか」
「そんなことができれば、とっくに封じているに決まっているだろう」
 なんだか物騒なことを言っている。改めて普通の人間でよかったと感じるアヤだったが、親切なのか余計なことをしているのか、カインはアヤに青い瞳を向けたまま『あれは』と口を開く。

「この国のどこかに封じられているのは、魔王の力の半分。
 人間ごと――ルエリアが言ったように『封じられて』いる」

 カインはそうして、ルエリアに視線を移す。女王は険しい顔をしたまま、カインを睨みつけていた。

「にんげん……ごと?」
 アヤの問いかけに、そうだと口にしたカインは……今までの涼やかだった表情を一変させ、怒りを込めた貌のまま剣を構える。

「オレが宿す筈であった力を半分を奪い去り、己の体内に封じた女……シェリア=イリスクラフト!!
 その女ごとこの国は封じている!  生きているわけでもなく、死んでもいないまま永遠に閉じ込める為にな!」
 その激しい口調は、どんな思いが込められているのか――。
 アヤには分からなかったが、衝撃的な言葉に、何も考えることができぬまま、ルエリアを信じられないという顔で見つめていた。

BACK    NEXT

拍手ボタン