異世界の姫君:82話

 水の離宮内にいたアヤは、ふと顔を窓の外へと向ける。
 彼女の視た通り天気は急に悪くなり、雨は今にも窓を叩きそうだ。
 しかし、窓の外が気になったのは天気のことではなく、爆音がなったと同時に空が光ったからである。
「今、何が……?」
「敵が来たのを知らせる照明球だ」
「敵……じゃあ、アルガレスが……」
 アヤは表情を硬くし、レティシスは窓の外を見ようともせずに--間を取り持ち、喉の渇きを癒すために出された紅茶をすすった。
 一口飲んで形の良い眉を顰めると、息を短く吐いて、ソーサーの上にカップを戻す。
 故意ではなかったようだが、置くときに陶器同士がぶつかって耳障りな音を立てる。
「アルガレスの高速艇は、まだじゃないか?  どうせ魔族が先に攻めてきたんだ。
  そんなことより、あんたの淹れた茶は美味くない。へたくそすぎる」
 魔族のことよりも紅茶のまずさにレティシスは文句を言ってきた。
「…………すみません。いつも適当にしかやったことなくって……」
 実際、紅茶などにはゴールデンルールなど作法はあるが、アヤはそれに則って淹れたりしたことはない。
 飲むときはもっぱらティーパックだし、美味しい紅茶が飲みたければ喫茶店に入るだけだったのだ。
 自分の淹れ方がどうなのかを気にしたこともない。
 改めて指摘されると、紅茶も満足に淹れられないことが恥ずかしいことに思えて、アヤは身を小さくしてうなだれた。
「…………まぁ、あんたが淹れなくたって、誰かが淹れてくれるんだろうけどな。
  しかし俺より下手なやつを見たことなかったから。あんたが初めてだ」
「うう……」
 委縮したアヤに対しても容赦はない。レティシスはぶっきらぼうで割と辛辣だ。
 それは、本の中でも誰に対してもそうだった。
「こ、今度までにはちゃんと習っておきます……!」
「いい。もう飲む機会はないから。いい記念になった」
「…………」
 間が持たない。アヤはそっと自分用のカップを手に取り、口に運んだ。さっきまでは平気で飲んでいたのだがなんだか味も薄くて渋い気がする。確かに『うまくはない』のだ。
 指摘されたせいもあり、とても飲めるようなものではないなと感じたアヤは、一口飲んでテーブルに戻した。

「--ところで。あんた、過去と未来が視えるんだってな」
 レティシスの眼が心なしきつくなる。
 その視線に射すくめられ、アヤはびくりと体を震わせた。
「……はい。まだ、上手には扱えませんけど……近い未来や過去なら少し」
 上手に扱えなくても、出来るには出来るんだろう--そうレティシスは彼女に確認し、首肯したのを見た。
「…………どうやってその力を?」
「……セルテステで。レティシスも、そこでやったでしょう……?」
 視やがったな、と言って髪をかきあげて椅子の背もたれに体を預ける。
 アヤは勝手に視えたのだと弱々しい反論をして、物言いたげなレティシスと視線を交差させた。
 この青年はヒューバートと同等かそれより少し上の年齢で、仲間と一緒だったにしろ当時の魔王を倒した、いわば英雄。
 血のように濃い深緋(こきひ)の髪は、揉み上げ部分がやや長めではあるが鬱陶しくない程度の長さで、よく似合っている。
 アヤを見つめるその緑青色(ろくしょういろ)の眼差しは決して好意的なそれではなかったが、今のアヤには割と心地よかった。
「……あんたの事、暇な兵士たちがよく噂してたぜ。
  牢番じゃ姿を見ることは出来ないが、
  いざ会ったら眼が見えなくなってただとか、だれそれが見舞いに行ったら会えた、とか。
  誰だかとあんたが恋仲になったらしいとか、どうでもいいことばっかり頭に入ってきた」
 そうして、再び無言になると--アヤの顔をじっと観察している。流石にアヤも、男にじっと見られるのは落ち着かない。
 しかも、これは中々に目を引く美形らしいが……アヤから見ても、少し日に焼けた褐色の肌や、逞しい腕などを見るとなんとなく男らしい色気を感じる。
(うーん……でも、やっぱりレティシスよりレスター様のほうが私はカッコいいと思うなぁ……色のバランスも綺麗だし、そこも好きかな……)
 こんなことを口に出してしまえば、アヤには美的感覚がないのだと非難されるだろうが--それでも、レスターに対する好意が入っているせいもある。
 恋は盲目とも言うが、恐らくアヤもレスターもその傾向はあるのだろう。
「--あいつより、美人じゃないな……」
 あいつのほうが綺麗だった、と、昔を懐かしむような顔をしたレティシスの前に、アヤは上半身を乗り出してまで『本当!?』と聞き返してきた。
 その衝撃で、ティーカップに入っていた紅茶が揺れてテーブルに溢れる。
「……本当に、私は美人じゃない、って思う!?」
「言うほどは、思えない」
 やっぱりこの女、自分に自信があったのか--それもそうか、と納得しかけたレティシス。
 よかった、と心底嬉しそうなアヤの声と顔があった。
「そうだよね……!  ああ、ちゃんとわかってくれる人がいて良かった!!  みんなおだて過ぎなんだもの。
  レティシスだけなの、そう言ってくれたのは」
「…………あんた……けなされてたのに、なんで喜んでるんだ?
  それに……俺の比較が悪いだけで、あんたは美人だとは思うぞ」
 変な奴、と首をひねるレティシスだったが、テーブルの上を拭き始めたアヤを視界に収めつつ、怖くないのかと訊いた。

「カインたちが来るなら、容赦のない攻撃が待っている。リスピアの兵力はずば抜けて高いが、神格魔術師が倒れたら、ラーズは止められないぞ。
  あんたも……俺の探しているものも奪われる」
 レティシスにとっては、アヤの事は二の次以下だが、探しものが奪われるのだけは困る。
 アヤは何も言わずテーブルを拭ききると、丁寧に折りたたんで『意地悪』と口を尖らせた。
「リスピアのこともアルガレスのことも、私はよくわからない。戦争だって……どれくらい怖いかなんて、考えたことなかったもの。
  でも--自分が狙われてたり、人の死体を見た時も……
  予知でこれから起こることを視たときは、怖いなんて言葉じゃ足りないの。
  もっと強い言葉が必要なくらい……心の底から怯えて、身体の震えが止まらなかった。
  今だって、レティシスが居なかったら多分落ち着かなくて泣いてたりしたと思うの」
 他にできることがあればいいけど、私は戦場では足手まといにしかならない……そう寂しそうに告げたアヤ。
「祈るくらいしか……残されてないから」
「祈りで世界が救えるかよ。どこの宗教だ、バカ」
 バカと言われて、眉根を寄せたアヤ。だが、レティシスは彼女から視線を外して、違うことを考えていた。
――そう。祈りで誰かが救えるなら、もうとっくにあの時そうしていた。

『行くな!!  お前がそれを受け入れても――!!』
『だって、そうしないと――みんな救われない。私、あの人を助けたいの……!』
 握ったレティシスの手を振り払い、銀髪の娘は自分を犠牲にしてまで受け入れた。
『やめろ――……!  』
 どんなに叫んでも、願いと祈りは届かなかった。
 世界を救ったとか、そんな副次的なことではなく、もっと守りたいことはあったのだ。
 もう、そんな想いも消えてしまったが……。

「レ――シス?  レティシス……」
 ハッと我に返った時には、アヤが心配そうに彼の肩を揺すっていた。
「大丈夫?  何か急に黙って返事もしなくなったから……」
「考え事をしてた。それに、最初から思っていたけどあんた――なんでそんな馴れ馴れしいんだ」
 姫様だとしても『レティシス』と名前で呼んでくるし、口調も妙に親しげだ。
 どこか出会ったことがあるのか記憶を遡ってみたが、全く覚えもない。
 そこを指摘すると、アヤは困ったような顔をして『ごめんなさい。そうでした……初めてだったんですよね』と口調を正した。
「……別にどうでもいい。呼びたいように……好きにしたらいい。女にそう呼ばれたところで、俺は関係ない。ただ、誤解されても知らないぜ」
 その言葉に、アヤは心外だというように『そんなの嫌』と不服そうに言って胸の前で腕を組んだ。
「だいたい、勝手に離宮に入ってたレティシスのせいもあるでしょ……?  それなのに、俺は知らない、みたいな言い方は良くないよ」
「俺に困ることは別にない」
 すると、アヤはまた『意地悪』と言って布巾を取ると、それを洗うため洗面所に向かっていく。
 何かしていないと落ち着かないのだろうな、とレティシスは思い……椅子から立ち上がって、大きな窓の側に歩み寄る。
 時折空が光るが、それは稲光ではなく魔法の光。
 耳を澄まさずとも、兵士たちの声や何かが地面を揺らす衝撃音などが響いてきた。
(もうすぐ……カインたちが到着する頃か?  それまでに、尖兵として送り込まれた魔族をどう捌くか……。
 しかし、やはり防御は手薄。手を貸すのが条件だといっても『どちら』を相手にするか、だな……)
 そう思っていたのだが、ぽつ、と窓に雨が滴って――思わずその雫を注視した。
 ぱたぱたと音を立てて、水玉が窓に広がって……すぐに伝って流れだす。
 土砂降りの雨が、やってきてしまったようだ。
「…………」
 レティシスに何らかの勘が働き、すぐに洗面所にいるであろうアヤの方へ向かう。
「おい。あんた、呑気に布巾洗ってる場合じゃないぞ!」
「えっ……」
 レティシスはずかずか大股で歩み寄り、アヤの手首を掴むとすぐに踵を返して引っ張っていく。
「ど、どうしたの……?  痛い、けど……っ」
「この部屋から出る。急げ!」
「なん――……」
 アヤが理由を聞こうとしたところで、また予知の力が勝手に働いたようだ。
「あ……」

 視えたのは、飛空艇のブリッジからリスピアを見下ろす、銀髪の男。前のレスターと同じように、髪は長く、赤い紐で結んである。
 しかしアイスブルーの瞳は冷たい色をして、不吉な輝きを放っていた。
 その男は――右掌をリスピアに向け、左手で右手首を握る。
『壊れろ』
 一言だけ口にすると--朝、予知で視たような光の帯を、城に向かって射出する――!!

BACK    NEXT

拍手ボタン