異世界の姫君:77話

 そんなレスターから懇願があるのを分かっていたかのように、
 ルエリアも『そうだな、そこまでを最後の任としておこう』と頷き、あっさり許可を出す。
 聞き入れられたそれに対して深々と頭を垂れ、感謝の意を示すレスター。表情は硬いが、幾分ほっとした顔をしている。
「もう良いか?  余はまだやらねばならぬことが多い。
 アヤ、もう離宮なりでおとなしくしていろ。おまえが飛び出したところで、うっかり命を落とされてはかなわぬ」
 言うなり立ち上がったルエリアは、2人に広間を出ていくように告げて、またな、と口元に笑みを浮かべる。
「ルエリア様も、ガルデル様もトリス様も……どうか……再びお目もじできるのを楽しみにしております」
 アヤもそう言って、丁寧な礼をし、何度か振り返りながら広間を後にした。
「……よかったのですか?」
「何がだ」
 遠慮がちに聞いてくるガルデルに、ルエリアは質問の意図をわかっていながらも知らない素振りで自身の髪に触れる。
「姫も狙われているのでしたら、もっと安全な場所もありましょう」
「ふ……。なんだ、そんなことか。アヤにはそこで十分だ。ラーズ以外には結界も壊せぬし、何かと手は打っている」
 そう、何かとアヤを放置せずに手は施している……それを考慮し、レスターを離したのである。
「アルガレス側には、姫がエルティアの末裔ということも知られているのでしょうな」
 そういえばそんな話をしたな、と思ったルエリアは『さあな』と軽くあしらう。
「さて。トリス、ガルデル。貴公らの力の見せ所でもあるぞ。無駄飯食いと言われぬよう、その手腕を存分に振るえよ」
「御意」
 ルエリアの言葉に、ガルデルとトリスは左胸に拳を当てた。

「街の様子は大丈夫か!」
「現在、2番地区住民を避難させています!」
 広間を出て、元来た道を進んでいくアヤとレスター。城全体がそうだったが、兵たちの行動は数日前よりも目に見えて慌ただしい。悠々歩いているものなど皆無で、皆が小走りに行き来していた。
 兵士たちの確認や緊迫した指摘事項はアヤの耳にも届く。各々(おのおの)武装していて、市民の避難や武具の確保などに奔走しているらしい。
 そしてレスターとすれ違うときには左胸に拳をのせて直立不動の体制をとり、彼らは足早に去っていく。
「……あれは、敬礼のようなものなのですか?」
 兵士が去ってから、小声で尋ねるアヤ。
 ちょっと不思議に思っていたんです、と聞いてみると『これは陛下への忠誠と仲間への信頼を示しているんだ』と聖騎士は答えた。
「目下の者は拳を握って左胸に添える。右手でするのはわざと剣を抜きにくいようにし、
 指を出さないのは邪な思いや敵意がないことを示すためだ。目上の者は何もなければ頷くだけでいい」
 ふぅん、とアヤは去っていった兵士たちの後ろ姿を目で追ってから、再び前を向いて気持ち早歩きになる。
「……複雑な気分だ。事態が緊迫している事もあるし、何より陛下のご命令とはいえ……アヤの側にいられなくなってしまう」
 それはアヤも同じだった。レスターが危険に晒されるのはわかっているのに、何もしてやれない。
 側にいてはレスターも気遣ってしまうし、十分に身を守ることすらかなわないのだから、戦いの邪魔になるのもわかっている。
「…………本当に、私も辛いです。でも、一時的に離れるだけですから……また、一緒にいることもできますよ」
「そうだな。だが、なぜだろう……ここ数日ずっと一緒だったせいだろうな。一緒にいるのが当たり前のような感覚になっている。
 なんてわたしはおこがましい考えを持っているのだろうと、恥ずかしく思うよ」
 肩をすくめたレスターの手をそっと握り、私も同じです、とアヤは微笑む。だが、その表情には翳りがあって、うまく笑顔にならないようだった。
 握り返してくる手の温かさが愛おしく、離したくはないと思っても、アヤとレスターの一時的な別れはすぐそこに迫っていた。
 穿かれた床穴や瓦礫の残骸が残る離宮への道を進んでいると、
 レスターは何かの気配を感じたらしくアヤの手を離して肩を抱くと、腕の中に収めてとっさに身構える。

「――レスター様?」
「何か……殺気のようなものを感じる。まさかまだ奴の残党がいるのかもしれない」
 注意深く周囲を探りながら、レスターはどうすればいいかを思案している。
(まずいな……。気配が見えない……どうなっている?)
 殺気を感じるのであれば、だいたいの気配もあるはずなのに、ここにはそういったものがない。
 しかも、刺すような視線は強くなっているのに、姿が見えないのだ。
 アヤを一刻も早く離宮に入れる必要があるかもしれない。
「わたしたちには別れを惜しむ時間もないな……。アヤ、すまないが少し早く歩けるか。
 気のせいではないはずだが、少々気配が探れないのはおかしい……!」
「は、はい……!」
 ここで私が視ましょうと言わなかったのは、集中している間に襲われる可能性も高い。
 そうなるとレスターの足を引っ張ることになってしまうため、申し出はしなかった。
 レスターがアヤの歩幅に合わせつつも急ぎ足で離宮へと向かっていく。
(インビジビリティを使用しているのか……?  だとしても、早く結界内にアヤを……!)
 姿隠しの呪文を使っていたとしても、アニスの張った結界内にまでは侵入できない。
 離宮の入口に到着すると、レスターはアヤに早く中に入るようにと進言し、それにアヤも頷いた。
 素早くドアを開くと身を滑りこませ、扉を閉める。
「……アヤ、扉越しだが……そこでじっとしていてくれ。絶対にわたしは生還する」
「……はい。絶対、約束です」
 もちろんだ、という声がして――レスターは言い忘れたことが、と続けた。

「アヤ――愛している」
 一言だけだったが、はっきりとした声は扉に阻まれていてもアヤには伝わった。
 涙で視界が曇ったが、アヤも扉越しに私もです、と叫ぶ。
「私も、レスター様を愛しています!  だから、絶対に生きて帰ってきて……!」
「ありがとう。信じて待っていてくれ」
 こつ、と一度扉を軽く叩いた音が聞こえて、足音はすぐに遠ざかっていく。
「……レスター様っ……」
 その場にずるずるとへたり込み、アヤははらはらと涙を流す。悲しくて、不安でたまらなかった。
 自分のことだけを考えているわけにはいかなかったが、限られた時間のうちほんの数分だけ――苦しいほどの切なさに泣いていた。
 離宮内には誰もいない。リネットもイネスも、もう避難したのだろう。
 涙を手のひらでこすって拭うと、立ち上がって4つある部屋の扉を1つずつ開けてみる。
 自分の寝室として使っていた部屋には、当然誰もいない。
 リネットとアニスがいた部屋も、誰もいない。
 イネスがいた部屋にも――いない。
 レスターが使っていた部屋を開けると――……思わずアヤは小さく悲鳴をあげてしまった。
 そこには、椅子の上に片膝を乗せつつ座っていた……赤い髪の男。年齢はレスターたちより上のように見える。
「……ノックもしないんだな、あんた」
 まぁ誰もいなかったから必要もないけど、と不機嫌そうな男の声。立ち上がると、アヤの方にゆっくり歩いてくる。
「護衛騎士様やメイドもはいないのか?  まあ、戦争が始まるんじゃしょうがない。
 俺とあんたの二人っきりか。噂や誤解されたらきちんと弁解しておけよ」
「――……来ないで」
「変なことをや殺しに来たわけじゃない。女王命令だからここに来た」
 ルエリア様が?  とアヤが不審そうに言うと、男はポケットからアヤたちに配られた術符と同じ物を見せた。
「アニスから貰ったものだ。これで不審者じゃないって分かったか?」
「…………あなたは…………」
 誰ですかと尋ねようとして、視たことがあることに気がついた。
「……レティシス……?」
「ああ……知ってたか」
 じゃあ自己紹介はいらないな、と彼は言って、部屋の外の気配をちらりと探る。先ほどの気配は離れていったようだし、
 この黒髪黒目の姫には聞きたいことがある。
「……居間にいっていいか。そこで聞きたいことがあるんだ」

BACK    NEXT

拍手ボタン