異世界の姫君:52話

 アヤはその後、城門側の見張り台にもやってきて、兵士に突然申し訳ありませんと言ってから(レスターは謝る必要はないのだといったが)同じような質問をする。
 城門の外側には跳ね橋がついており、城門の内側……小さな小屋の中に橋用の宝珠がある。
 カギとなる宝珠を触れ合わせることで跳ね橋の上げ下げが可能になっていて、もちろんカギを持つのは当番のみとなっているし、
 スペアキーとも言えそうな予備の宝珠はしかるべきところに保管してあるため、一般の兵士がおいそれと持って行けるようなところには置いていない。
 見張り台の下を覗き込むようにしながら、城門から先……堀になっている部分や外壁の様子をじっと見て、
 再び望遠鏡を借りると無駄とはわかっていつつも遠くを見つめている。
(……多分、ここが本に出てきた場所……)
 アヤは目から望遠鏡を離すと、悲しげな顔でその景色を眺める。
 この景色一帯に、レスターとは違う赤い瞳が、星の数ほどぎらぎらと輝いて見えたのだろうか。
 幸い、というのか――ここからの光景に、街の姿はない。
 城は山の斜面に建っており、城の右側面には小高い山が連なり、左側面から後方の平地に町が広がっている地形になっているのだ。
「攻めるにあたり、ここが一番簡単でしょう。それでも……苦労はあるでしょうが」
 丸顔の兵士がにこりと微笑むと、どうしてですかとアヤは不思議そうに尋ねた。
 その表情も可愛らしく映ったのだろう。兵士はさらに目じりを下げながら、こう教えてくれた。
 攻め込むには険しい山を越えるか、迂回して城門を目指すか、街側から攻める必要があるのだが――街にはアニスら神格魔術師の強固な結界が張り巡らされており、神格級がおらずとも、宮廷魔術師であれば結界の発動呪文を唱えるだけで容易に張ることが可能となっている。
 この結界を打ち破るのは、相当に難しい。
 どれくらい厳しいのかといえば、この世界――エルティアの技術に照らし合わせて考えると、マジックマスターと呼ばれるイリスクラフトの継承者直々の手を借りなければならないというくらいだろう、ということだ。
「……その肝心のイリスクラフトも、以前の戦いより行方が知れません。
 もちろん油断しているわけではありませんが、事実上まず突破はあり得ないと踏んでいます」
 そうなんだ、とアヤは相槌を打ってから、確か以前の話ではその『イリスクラフト』はレティシスたちの仲間だったはずだというのを思い出した。
「……あの。マジックマスターは、2人いたのでは?」
「正統なる後継者は一人のみです。もう一人にも素質はあったようですが、同様に行方が分かりません」
――そこで、アヤはなるほどと……ようやくレスターが信じられないという顔をしていた理由を理解できた。
 こうして恐ろしく強い結界があるのなら突破などできない。
 山からの侵入……逆落としを実行しようと考えても、登りきるまでに無駄に兵力を消耗するため、余程の馬鹿か天才でなければ思いついても実行する指揮官は居ないだろう。
 迂回して城門を目指したところで、弓兵や魔術師が揃えば、まず城壁に開いた壁の覗き穴から狙い撃ちされる。
 騎士たちも準備が整い次第飛び出していくのだから、この狭い地形では誘いこんだら敵は逃げ場もないだろう。

「……数で押しきろうとしても、我々とてリスピアより賜った創造宝具(クリーチャー)を守護するもの。それ相応の自信はあります」
 わたしだけではなく、ヒューバート様も、何より皆がいるのだから――と言われて、アヤはそうですねと微笑んだ。
「皆で力を合わせて、この国を守っていらっしゃるのですものね」
 そういわれた兵士は目を潤ませて感激しているし、レスターも僅かに照れたような表情を見せた。

「――だから、お前らみたいなのがいると迷惑なんだよ」
 不機嫌極まりない男の声が聞こえて、レスターは思わず機敏に振り返る。
 少し離れた場所には、腕組みしたまま憎々しげにレスターとアヤを睨みつけているロベルトがいた。
「……魔族が得意げにクリーチャーを持っているのもどうかと思うのによ。挙句世間知らずの姫様に地形の説明か。偉くなったもんだな、レスター」
「知りたいと思うことを、わたしが知らせることができる範囲で伝える事の何が悪い。思い上がったことはしていない」
 レスターがアヤの前に立つようにして言い返すと、はん、と鼻で笑ったロベルトはバカかよ、と吐き捨てた。
「女に骨抜きにされたやつが何言ってんだ。どうせベラベラ喋っちまうんだろ?  その女がどこの国と通じているかわかりゃしないのにな!」
「ロベルト、無礼なことを言うな!  姫は間者ではない!!」
 言葉を慎めと声を荒げたレスターを蔑むように睨んで『どうだか』と逆撫でするような声で言った後、レスターの肩越しに口を結んだままのアヤに視線を移した。
「じゃあ聞くけどな――あんた、どこの国の王女なんだよ?」
「え……?」
 思わぬことを聞かれて、アヤは冷水をかけられたかのように体が冷えていくのを感じる。
「この近隣の国でアヤなんて名前聞いたこともない。だが王族なんだろ?  外交で来てるんだか知らんが、どうであれ――自分の国のことくらいは教えてくれよ、なぁ姫様」
 こういう場合、問われれば答えるのも当然の礼儀だ。
(ど……どうしよう……!?)
 アヤの持っている中途半端な知識では、迂闊なことを言えばロベルトもそこを突いてくるかもしれない。
 どういえばいいのか、アヤは顔を蒼くしながら――私は、と呟いた。

BACK    NEXT

拍手ボタン