異世界の姫君:34話

 ヒューバートも避けずに掌で受け止めたが、怒りに身を任せたレスターの一撃は想像よりも重く、衝撃でヒューバートのマントがなびく。
「僕、レスターよりも年齢と階級は上なんだけど……」
「だから何だ!」
 鳩尾を狙うレスターの膝蹴りを腕で払い退け、右手から左手に持ち替えた剣の柄で、レスターの肩を押す。
「年長者と上級騎士には敬意を払うように、という教えは受けてるはずだろう?」
「普段はそうかもしれないが、今の貴様に敬意を払う価値などない!」
 それはお互い様だよ――最後まで聞かせるような間もなく、目にも留まらぬヒューバートの蹴りがレスターの胸を捉えた。
 壁際まで蹴り飛ばされたレスターに、ヒューバートはさっき殴り飛ばしたぶんもカウントするから、チャンスは後1度だけだね、と告げてやった。
 壁に手をついたまま咳き込んだレスターは、瞳に燃えるような怒りを湛え、ヒューバートを睨みつけていた。
 この顔から、まだ勝負を諦めていない様子なのも見て取れる。
「あと1回も要らないかな?  まあ、約束だから付き合うよ」
「ふざけるなっ!」
 レスターはそう叫びながら砂を蹴って、余裕たっぷりのヒューバートへと駆ける。
 ――結局、チャンスを与えてもダメだったかな。
 失望によって寂しげな顔をしたヒューバートは、そのまま目を閉じた。
「残念だよ、レスター……」
 繰り出されたレスターの拳を、目を閉じたまま腕で受け止めるヒューバート。
 しかし、その威力は片手で受け止められるものではなかったのだ。
 ヒューバートの髪が――拳圧にあおられ、数本散らされた。
 受け止めた腕は大きく弾かれ、ヒューバートの身体をがら空きにする。
(……しまった!)
 思わず刮目して身構えると、危険を回避すべく本能的に瞳の『力』を使った。
「もし――……!」
 レスターが低い声でヒューバートへ語りかける。
「もしもアヤに良からぬ考えを持って触れてみろ……!  ましてや不幸になどさせたら、わたしが貴様を八つ裂きにしてやる!」
 必ずだ、といったレスターの唇と、心の声は同じだった。

「……レスターにとって、姫ってそんなに必要?」
「当たり前だ!  わたしはアヤを……誰よりも大事に思っている!」
「ふぅん……それって、要するに好きってこと?」
 興味がなさそうな顔のまま尋ねるヒューバートに、レスターは『そうだ』とはっきり答えた。
 レスターの返事を聞いて、軽く頷いたヒューバートは『それなら……』と、拳を受け止めたまま、左手の剣をフェイントに使って再び懐に背面から滑りこむ。密着すると身体を深く沈め、右手を捕まえたまま前方に投げた。一本背負いである。
「――誰よりも姫を好いているなら、自分の気持ちと、素直に向き合わなくちゃだめだよ」
 暗い空が映るレスターの視界で、ヒューバートは先ほどの恐ろしさを微塵も感じさせず……にこりと微笑んでいた。
 何を言っているのか分からず、きょとん、とした顔で、レスターはその表情を眺めている。
「ちょっといじめすぎたかと思ったんだけど、レスターがこれで怒らなかったら、とんでもないヘタレ野郎だったんじゃないか……と思ったから、心配したよ」
 勝手にしろとか逆ギレされたりしても困ったし、と言いながらレスターの手を離して、落ちている鉄剣を拾い上げた。
「……ヒューバート様、つまり……わたしを試しておられた?」
「そういうことになるかな。まぁ、リネットと一緒なのは嬉しいから、本当に代わっても良かったけど」
 剣をしまい、レスターを振り返ったヒューバートは、割と演技上手だっただろう?  とほくそ笑む。
 レスターはだんだん気恥かしくなり、『本当に騙されました』と口元を押さえて視線を逸らした。
「本音も入っているから騙したわけじゃないよ?  ……やろうと思えばいつでもそうできる――というのは覚えていて」
 神妙な顔でレスターは了承の返事をし、ヒューバートは今回の件と、敬語に関しては不問ということにしてくれた。
「もうひとつ、よろしいですか」
「ん?  何?」
「最後拳を受け止めた時……大きく身体を崩されましたが、あれも……芝居ですか?」
 そうであれば、残念ですと告げたレスター。そんな彼を見つめたヒューバートは悪戯っぽく目を細め、
「さて。どうでしょう?」
 と、これも試すような仕草で言った。
 実際の所、あれは芝居ではない――いや、少しばかりは慢心もあったのだろう。
 その時にならないと、人間の力は出し切れない。それを改めて理解したヒューバートは、不服そうな顔をしたままのレスターに問いかけた。

「ところで……どうしてレスターは、姫が僕の事を好きだと勘違いしているの?」
 本当に不思議そうな顔で聞いてくるのだが、アヤがヒューバートの事をここに来る前から知っていたこと、
 出かけた時に気になる人がいると話していたことや、伝えたいことがいっぱいあると嬉しそうに語っていたことなど……レスター自身がそう思った顛末(てんまつ)を伝えて聴かせる。
 聞いているうちに、ヒューバートの眉はだんだん下がっていき、しまいには『あーもーダメだコイツ』と言いたそうな、困り果てた顔になっていた。
「……期待に添えず残念だけど、姫は僕のことなんて一度もお会いできて嬉しいとか、気に入っているといってくれた試しはないよ。
 姫自身も、まだ自分の気持ちに気づいてないみたいだし。
 その人と話すときの表情なんて、もう『好きだ』って言ってるようなものなのにね……」
 やれやれ、と肩をすくめた矢先、ぽつりと雨粒が顔にかかる。
「ついに降ってきたみたいだ。レスター、早く戻ろう。びしょ濡れになったらリネットから部屋に入れてもらえない」
 扉まで駆け足で近づき、宮殿内へと入る。
 肩についた雨を弾き飛ばすように手で払っていると、その横ではレスターが不安そうな顔で呟く。
「姫の気になる人というのは……どのような男なのだろう……」
 レスターがあまりにしおらしい態度で言っているので、ヒューバートは思わず足を止め、難解な絵画への評価を頼まれた時のように、レスターの表情をじっくり見つめてしまった。
「……レスターって、本当にバカだね」
「なっ……」
 しみじみと言われたレスターのショックは大きかったようだが、
 ここまで体を張ってあげたヒューバートにしてみれば、まだわからないのかと悲しくもなった。
 見てれば分かるじゃないか、ああそうか、レスターにとって客観的には見えてないのか……とちくちく言われている。
「相手のことを知っているのですか?  知っているのであれば、是非教えていただきたいのですが」
「……もう疲れるから、姫の想い人の話はしたくないな……」
 まだ食い下がるレスターを嫌そうな顔で躱しながら、2人は月の離宮に向かっていったのだった。

BACK    NEXT

拍手ボタン