異世界の姫君:11話

 ルエリアの先導の元、いくつも分かれ道が存在する細い通路を通り抜けて、アヤはようやく広い室内に出た。
 だが、そこは部屋ではなく、神殿だった。

 静謐(せいひつ)な場所には清浄なる空気が流れ、穢れの無い白い壁。立ち並ぶ白い円柱には細かくルーンのような不思議な文字が施してある。
 神殿内の台座には綺麗に磨かれた小さな鏡と、大きな楕円形の月長石(ムーンストーン)が並べてある。
「そこで待て。月の女神エリスを呼ぶ」
 ルエリアは手で制すると、アヤをその場に留まらせて鏡と月長石の前へ立つ。神殿の天窓から入り込む満月の光が鏡に当たるよう位置を調節している。

「え……エリス様を呼ぶことができてしまうんですか!?」
 いつでも、というわけでもない。満月の日限定だが……なんだ、それほど驚かなくてもいいだろうに。女神といえど、余にとって母親でもあるし、エリスにとっては大事な子供だ」
 その反射光が月長石にも照らされるようにずらしながらルエリアはそう言った。そしてアヤも、自分の母親のことを思う。
 大騒ぎになっていなければいいけれどと思いながらも、もう会えないかもしれないとも考えると、胸に悲しさと寂しさがこみ上げる。

 そんなアヤの心中を気づいているのかいないのか、ルエリアは台座の前に傅(かしず)き、胸前で手を組んで祈るような恰好をした。場所が場所であるし、形式も大事なのだろう。
 後方に控えていたアヤも、同じように姿勢を取る。
(エリス様……まさか、そんなすごい女神様を拝見できるなんて……)
「――偉大なる月の女神エリスよ。汝を母に持つルエリアが言葉聞き願い給え。その智慧、その御力、その御姿。我が前に慈悲とともに現れることを願わん」
 ルエリアが呪文のような宣言を唱え始めた。
 唱え終わってしばらくすると、月の光を受ける月長石がぼうっと光る。
――輝きはだんだん強くなっていく。
 ルエリアは依然として前を向いたままだから、後ろのアヤからは彼女が目を開けているのか、どんな表情なのかもわからない。しかしとうとう、アヤには目も開けていられないほどのまばゆい輝きが、神殿を満たす!

「こんばんは、ルエリア」
 澄んでいて耳に心地よい声だが、肉親に話すような言い方ではなく、事務的にも、冷たくも聞こえた。
 淡い光を全身に纏っているせいで、銀なのか白なのかよく見分けのつかぬ髪の色。しかし、緩やかにウェーブがかった太腿まである長い髪は、ルエリアのそれとよく似ている。
 白蝶貝のような石を中央にあしらった金のサークレット。光の当たる角度によって色が変わり、虹色の光沢を見せる。
 まっすぐに2人を見つめる深い蒼の瞳は湖底のような色を湛えているが、感情も深く隠されているようだった。
 シルクのような光沢を放つ、ロングドレス。
 肌の色はさすがに銀や白ではなかったが、それでもやはり色は白い。

 この神秘的な女性が、女神エリス。
 彫像や絵画ではない、本物の神様を見てしまったアヤは、言葉も瞬きも忘れて食い入るように見つめたまま。
 ちょっとした感動と感激に陥っているのだが、傍の高貴な方々には、そんな心境はわからないだろう。
「あなたのほうからわたくしをお呼びするのは珍しい事ですね。どうされましたか?」
 ルエリアはエリスの返事にああ、と答えて、ぼぅっとしているそんなアヤを横目で見やる。
「母よ、あなたはそこにいる異世界の娘を、この世界に送ったのか?」
 エリスはゆっくりとアヤのほうへ視線を移動させ、彼女の顔をじっと見つめる。

「いいえ、わたくしは何もしておりません」
 エリスの唇から紡がれる言葉は、予期せぬものだった。

 ルエリアの目が細められ、アヤはようやく事が重大な方向に進んでいるのを理解する。
「何も……?  では、なぜ娘がやってきた?」
「本日、異世界の扉が一瞬でも開いてしまった……というのはわたくしも知っています。
 異世界の扉を開くことができるのは、神格魔術者数人がかりか、わたくし、太陽神、そして我らが主たる創造神……ですが、神力の解放は感じられませんでした。
 扉の開放など、一瞬といえど創造神でさえ隠してできることではありません」
 エリスはそこで言葉を切り、考えを整理するかのように眼を閉じる。
 ルエリアもアヤも、黙ってエリスの言葉の続きを待った。
 エリスはゆっくり双眸を開き、はっきりと口にする。

「わたくしの考えで一番有力であるのが……異世界からの強い強い願望を、形のない意識の集合が受け取ってしまい『呼ぶに整った場』を生んだのでしょう」
 それがあなたを引っ張ったのではないか……と説明され、なるほどとルエリアは頷くが、アヤにはさっぱり解らない。
 知識と理解が乏しくて申し訳ないので説明してほしいと、恥を忍んでルエリアに尋ねてみた。

「そうだな……。瞬間移動……いや、召喚、か。瞬間移動の原理はわかるか?」
 ルエリアが逆に質問すると、アヤはなんとなくわかります、と答える。
「それなら説明は省くか。つまり端的に言えば……お前自身がいた位置と、こちらの世界の魔力の塊、あるいは物質の場が入れ替わった。持っていた本が世界を繋ぐ媒体を果たしたのだろう」
 ルエリアが言うのはわかる。だが、ゲームの世界のような単語が次々に出てくるではないか。

 召喚といわれてなんとなく理解したものの、原理は非科学的なような科学的なものか。
 理屈ではないのに、理論はあるのだ。

 そしてルエリアは大人しく聞いているアヤが、それを理解しているのだと思って続きを話す。
「だが、媒体だけでは呼べぬ。魔法には発動するに至り、正確な呪文詠唱が必要だ。
 モノによっては魔法陣などの準備もな。
 瞬時に己の力だけで異界を開けるものではなかろう。……神の創造宝具(クリーチャー)はあるようだから不可能ではないと思うが」

 また変な単語が出てきた。クリーチャーと言われると、
 アヤの脳内にはモンスターじみた怪物しか出てこない。

 エリスは微動だにせずルエリアを見つめたまま彼女の説明を聞いていた。何も言わないという事は、どうやら訂正や補足する事はないらしい。

 申し訳ない事に、アヤには次元が違いすぎてそろそろわからなくなってきている。
 ファンタジー小説を読みはじめる時期や、他のジャンル小説もたくさん読んでおけばよかったと悔やんでいる。
「つまり、その……?」
 おずおずと結論を聞きたがるアヤに、ルエリアは急かすなと申し出を聞かない。
 どうやら意外に蘊蓄(うんちく)好きなのだろう。
 困り顔のアヤを見かねたのか、エリスが口を挟む。
「この世界にも、魔力の溜る場所というものがあります。
 その溜った力は時として、神をも凌ぐ力となるのです。それらは聖域などと称して我々や代行者が監視していますが、まだ見つかっていない場所もいくつか。
 あなたは……アヤ、といいましたか。そういった場所のひとつとあなたは繋がったのでしょう」
「アヤは空から降ってきたぞ」
 エリスは少し驚いたのか、まぁ、と小さい声を漏らす。
「前例がないだけですが、空にも魔力が溜るとは……怪我をせず無事で良かった」
 かすかに微笑んだエリスの顔。
 それは先程『感情が見えない』と表わした事を否定せざるをえないほど、慈しみ深い表情だった。
 とても母性的な表情に見惚れていたが、アヤもハッと気付いて、本のことを切り出す。

BACK    NEXT

拍手ボタン