異世界の姫君:エルティア戦記  本文

 この世の闇を集約したのかと思うほどに昏い空の下、
 城壁から上半身を乗り出し、長い銀髪を後ろに結わいた騎士が見据える視線の先。
 無数の紅い光が密集し、こちらへと向かっていた。

 至る処で光が闇に浮かぶようにちらちらと揺れており、幻想的な光景は星の瞬きにも似ている。
 だが、その不思議な光景を『美しい』『幻想的』等と表現することは出来なかった。
 その紅、理解した者が他にいれば恐怖に支配されたであろう。
 それは幾千もの――炎揺らめく松明と、悪しき存在の瞳が放つ紅。

 この世界には人間の他、『魔族』と呼ばれる亜人種が存在する。
 多くの魔族は人間と対立関係にあり、世界のそこかしこで長い間、現在に至るまで争いを繰り広げている。

 この銀髪の騎士の瞳も……魔族と同じ色をしている。
 しかし、彼は魔族の勢力に加わらないどころか、人間たちを守るという立場に身を置いていた。
 彼の背後にそびえ立つ城は、固く門を閉ざして沈黙を守っている。
(陛下や民たちは安全な場所へと移動されただろうか……?)
 先ほど城に伝令を向かわせ、その内容に混乱しているであろう城内を危惧しつつ、門番に城門を閉めさせたばかりだったが。
 何度も彼を内側に入るよう説得しようとした門番は、最後まで従わない騎士の志に泣きながら内側から鍵をかけ、遺言を伝えに行ってくれただろう。
『早く城に戻り、皆の力に。陛下へ、レスターは騎士としての努めを果たすとお伝え願う』と。
 銀の騎士レスターは遠ざかっていく足音を聞きながら、格好つけすぎてしまったな、と苦笑した。
 僅かでも時間が稼げるのならば。そして、愛する国と主君を守るためなら死すらも騎士としての誉れである。きっと共にあった仲間たちも、理解してくれるはずだ。
 覚悟を決めたレスターの顔は引き締まり、城へ迫る敵を睨み愛槍を構える。

「我は聖騎士レスター=ルガーテ!!
 命尽きるまで、貴様等一匹たりともこの城門はくぐらせぬ!」

 槍を振るい、レスターは幾百、幾千の敵中にたった一人で突入していく。
 彼の眼前、身体に無数の爪や牙が襲いかかってくる。
 それに臆すること無く、レスターが槍を力強く振れば真空波が巻き起こり、敵を切り裂き吹き飛ばす。
 二つ振れば穂先より炎を生み、敵を灼く。
 時間を稼ぐという大義を課したとはいえ、彼はたった一人でよく戦った。
 称賛に値するその戦いは、それは彼に勝利をもたらすものではなかったのだ。
 四方より飛ばされる矢や手槍、魔術が彼の腕を、足を、胴を貫く。
 唇から呻きと鮮血が吐き出され、身体から熱と血が奪われようとも、けして膝を付かぬレスター。
 白銀の鎧を割り、飛来する手槍はレスターの四肢を地に縫いつける。
 その身体を引き裂こうとする敵の攻撃がとめどなく襲い、夥しい出血が地を濡らす。
 レスターを摺り抜けようと、あるいは彼に止めを刺そうとする存在にも、彼は顔をあげぬままニヤリと笑った。

「通さないと……言った筈だ」
 槍を握る手だけは離さず彼は俯いたまま口元を歪めて笑い、血を吐きながらも全身全霊で何かを叫ぶ。
 途端レスターの槍――『聖槍クウェンレリック』が光り輝き、僅かに残された彼の生命を力に変えた。
 眼も眩むほどの閃光は、膨張しながら周囲を飲み込んでいく。
 その光に触れた者は跡形もなく消滅し、レスター自身もまた限界を迎えた身体がさらさらと光の粒になり……零れていく。
 この世から消える直前、レスターの表情は穏やかであった。

 光の氾濫が収まると、発生した場所だけは地に突き刺した槍以外、

敵も、レスターも……抉れた大地以外に何もなかった。

拍手ボタン