5.人間は貴重らしい

「……マジかよ」
 男の人は絶句して、私の事を信じられない顔つきで見ている。
 こっちがそんな顔したいんだけど。

 身体というか下腹部はさっきの行為ですごく痛むし、
 自分の血とかあの男の体液とか痕跡が付着したままだし、服は上も下も乱れてるし、今日は最悪の日……!!

「……あたしも、人間のにおい忘れちゃってたからなぁ……」
 レディでさえ、やっちゃった、みたいな顔をしている。
「……許さないからね、あんたたち……!  絶対ひどい目に遭わせてやるんだから!」
 そういう行為の最中に、どういうわけか声だけは出せるようになったんだけど、もう手遅れ。
 悔しくてしょうがないけど、絶対泣くもんか……!
 恨みがましい目で男の人を睨みつけてやると、そいつはばつの悪そうな顔をしていた。
 そんな顔するなら最初からやらないでよ!
「どうすんだ、これ」
「えー……と……」
 レディは言葉を濁していたが、何か思いついたのか。急に声に張りが戻ってきた。
「こ、故意による破損という事で、お買い上げ願います」
「なに……?」
 男の人は気に入らないという顔をする。
 勝手に好きにしていいって言われて、じゃあそうしますって言ったら――買ってね♪
……とか言われちゃったらそうなるのも当然なんだろうけど、確かに【故意による破損】ではある。
 けど、私は商品じゃない。
「買ってくれなくたって別にいいわよ……!  でも、絶対許さないんだから!
 生まれ変わったら、あんたなんて、一生……ううん、未来永劫私の下僕にしてこき使ってボロ雑巾のようにしてやるっ!!」
 言いながらぼたぼた涙を流す私。やば、泣かないって決めたのに。
 でも、感情のまま言葉をぶつけちゃったら一緒に涙も止まらない。
 こんな奴らの前で泣くのも嫌だけど、悔しいのと恥ずかしいのでもうワケがわからない。

「ボロ雑巾になる前に、お前がまず寿命だとか病気で死ぬだろ。
 それに、いつ生まれ変わろうが、またここに来れるかどうかなんてわからないぜ?」
「それでもそうするのっ!」
 ていうか何なの?  なんで悪い事してごめんなさいとか言わないの?  ……ああ、魔界の人だからこういうのは当たり前なのかな……。
 そして男の人は頭をガリガリと掻いてから、レディを『この詐欺師』と疎ましそうな目で見て――
「――で?  この人間に幾ら払うんだ?」
 至極面倒くさそうな感じが丸出しだったけど、思わぬ言葉に私は泣きながら男の顔を見た。
 まぁ、なんて言ってるレディも眼を丸くしちゃって意外そうだ。

「お買い上げいただけるんですか?」
「しょうがねぇだろ。【契約完了】しちまったんだから」
 そうですよねぇ、なんて言ってレディも頷く。
 翠涙石5つでどうだの、いいえこの条件なら翠涙石8つですね、というやり取りから察するにどうやら商談が始まっているみたいだった。
「翠涙石8つはボりすぎだろ」
「いいえ。人間の初物でしたし、まだ若そうですから8つでも安いでしょう」
 胸を張るレディだったが、男は待てよ、と険しい顔をした。やはり値段に不満があるらしい。
 値切られて買われるのも嫌だが、かといってキズモノにされて、じゃあイラネと言われるのも癪だ。
 ああもう、どっちも嫌だけど、どうしたらいいのかわからない。
 どのみち逃げられないし、この成り行きを見守るしか、退路も進路も私には残ってなかった。
「だいたいお前、誰に売るとか特に決めずに持って来たんだろ?
 そいつ生娘だったんだ。だったら、その条件じゃどこも売れなかったぜ?
 お前も知らなかったのは盲点だが」
「それはそうなんですけどねぇ……はぁ……もうしょうがないなぁ。翠涙石6つで手を打ちます」
「まだ高いが……2つ下がっただけでもよしとするか……わかった。純度の高いもので見繕え」
 ありがとうございますー、とレディが嬉しそうな顔をして手を差し出すと、
 男の人はうんざりした顔で懐に手を入れ、茶色い小さな革製を投げた。
「では、中身を拝見……うわー、綺麗な翠涙石……♪
 この純度なら、5つでいいですね」
「当然だろ。5つでも欲目がありありと伺えるな」
 えへへと舌を出すレディは、オパールみたいな乳白色の外見なのに時折虹色に輝く石を掌の上へ広げ、
 目を輝かせながら物色していた。

「……あのさぁ。スイルイセキっていうの、何?  というか、私の相場っていくらくらいなの?」
 売られるんだからそれくらい教えてほしい。
「翠涙石は、鉱石じゃないぜ。
 凝縮したエネルギーみたいなもんだ。これを呑むと、力が漲ってくるという貴重なもの。
 それに俺しか作成できないから、希少と言えば希少だ」
 すると、レディではなく男が答えた。栄養薬?  みたいなものらしい。
 それを引き継いで、レディが相場について答える。
「人間の相場は男か女かにもよりますけど、男なら翠涙石2つ、女なら4つくらいの価値ですねえ。
 ちなみに、お客様の世界での単価換算にレートを調整いたしますと……ううん。翠涙石自体が売られないので、金額は出ませんね」

 金では買えない価値。プライスレスだといっても、いいのか悪いのか。

 そんなに大事なものなら、なんでこんな事させるの……?  今更ながら頭にきすぎて、よくわからなくなってくる。
「ま、それくらい人間はいないんだ。
 今地上にいる人間ですら、既に他の悪魔に目を付けられているんだぜ?
 だが、それが果たせないのは……妨害する奴らがいるからなんだけどな。
 妨害がなくったって……人間を買うのは難しい」
 それくらい払わないと買えないんだからな、と男はぼやいた。
「あんただって、私をお金で買ったわけじゃないでしょ。何よ偉そうに……!」
「確かに金ではないが、俺の翠涙石は金では売ってやらないぞ。
 翠涙石自体の需要なんて、喉から手が出ても頭が出ても足りないほどある。
 自慢じゃないが精製には時間もかかるし、魔界の一番偉い人にだってこんなに差し出したことはない。
 金で買おうと思ったら、国を売っても足りないほどだ。
 まあ、金は腐るほどあるから興味がないけどな。特別欲しいものもないし」

 ご高説を賜るけれど、感謝しろよなとか押しつけがましいな、この人。
 責任取るのは当たり前じゃないか。
「……つまり、面倒だけど買ったわけね。
 こっちからすれば、買ってもらうだけじゃ足りないっつの……」
「じゃあ望みはなんだよ」
「元の世界に――」
「ムリだね。異界じゃ、俺は呼ばれないと来れない」
 別に来なくたっていいよ。ていうか、二度と会いたくないし。
「レディに頼めばいいじゃない」
 と、彼女を見ると……恍惚の表情を湛えて、翠涙石を見つめていた。
「同じ異界を開けないんじゃないのか?  一度開くと次元が歪むからな。また行くのは不可能だぜ」
……そんな……。帰れなくなって、こんな男に犯されて、なおかつ……奴隷生活か……。
 でも、海外でも人身売買は未だにあるっていうし、日本からは想像し難いだけで……ないことはないかもしれないよね……?

「お前、望みはあるか?」
「――私に力があれば、あんたたちみたいなひどい奴らを、ボッコボコにしたあとでさんざんこき使う事よ。あと今すぐお風呂入りたい」
 そういってじろりとレディや男を睨みつけてやった。
 どうせそれも叶わないんだし、言うだけはタダだ。

 だが、当然男は面白いことを言うじゃないかと快活に笑った。
「酷い奴をボコボコにする、か……それはいいな。楽しいことを考えるもんだ。いいぜ、そうしよう」
 ちょうどどうしようか考えていたところでもあるし、我が主人(あるじ)の願いも叶う。一石二鳥だ――。とも言った。
 へぇ、この人ボスだと思ったけど、まだ偉い人がいるんだ……。
 主人っていうことは、この人は雇われているというか買われているというか、
 そういう下の立場なんだろう。

「じゃあ、その主人を呼んできてよ。
 あんたがこんなことした責任は、主人の教育がなってないからでもあるし」
 そこまで言うと、男の人は目を見開いてから、笑いをこらえきれなかったのだろう。ぶはっと噴き出した。何から何まで腹立たしいな。
「……主人の、ねェ。言ったところで気は済むのか?」
「言わないよりは楽かもしれない」
 ふーん、と気の無い返事をする男は、じゃあ風呂入ってからだな、と頷いた。
「俺の主人にそんな恰好で会わせるわけにいかない」
「あんたがやったんでしょ!?」
 ちょっとお腹に力を入れると、ずきりと下腹部に鈍痛が走る。
「……っ」
 痛みに思わず小さなうめき声が漏れて、顔をしかめると、男の人はひょいと私の身体を勝手に抱き上げて、風呂に入るんだろと言うと……どこかに向かって歩き出した。

BACK    NEXT

web拍手 by FC2