22.興味があっても言えません

 ルシさんとヴィルフリートの正確な立ち位置(?)を知るべく、私は食事の後は勉強することになったんだけど……。

 数時間にも及ぶ勉強が終わった後の2人の顔といったら……疲れ果て、少しやつれたようにも見える表情に変わってしまった。
「ルカがここまで無知だったとはな……悪魔の名前を10個も言えないなんて、ありえないぜ……」
 魔界草で淹れたコーヒーを飲んで、自分の眉間を揉んでいるヴィルフリート。
 あの草、お風呂だといい匂いするのに、飲み物にするとあの匂い消えてるんだよね、不思議。
 紅茶でいいですかと聞いてから、ルシさんは自分と私の分を、浄化したお水で淹れて持ってきてくれた。
 ああ、すみませんね、一番偉い天使様に淹れていただいて……。
 しかし、そんなエンジェルなルシエルさんは、席につくなり秀麗なお顔に憂いを落とす。
「天使の名前でさえも、間違っていましたから……。『~エル』という名前が多いですよといっただけで、
 箱ティッシュも天使の名前なのかと聞かれた時には、僕は倒れそうでした」
 ごめんなさいヴィルフリート。ごめんなさいルシさんと、●リ●ール。
「でも、最後にはちゃんと言えるようになったし……」
「悪魔の名前を5個、天使の名前も5個じゃ、たいした進歩とは言えないな」
 悪魔の数はすこぶる多いんだぜ、と言われても、全部覚える必要なんかないからどうでもいいし。
……そう言ったら、ヴィルフリートとルシさんから、ダメな子を見る眼を向けられた。

 うう、私、主人なんだけどっ……。従者にバカにされてるっ……。

「ルカさん。ここは魔界ですよ。そこの住人の事を知らずに生きていこうというのですか?
 コカトリスにつつかれたらどうします。それの場合の対処法は?
 もしもインキュバスに誘惑されたらと考えたりしてください。覚えることはたくさんあるのです」
 ルシさんは、多分尤もなことを言っているんだと思うんだけど……。
 私には、コカトリスだとかインキュバスだとかも分からなかった。
 それを察知したであろうヴィルフリートは、綺麗な黒髪をくしゃりと握りこむようにして頭を抱えた。
 ルシさんですら、ヴィルフリートに『君は一体この数ヶ月、ルカさんに性以外の何を教えていたのです』と睨みつけた。
「……これは、見学に行った方が早いだろ。頭が悪いから、言葉だけで説明しても分かるわけがない」
「そうするしかないのであれば、致し方ありませんね……」
「ちょっと!  何さらっと頭が悪いとか主人に言ってるの!?  失礼すぎるでしょ!」
 私の文句は2人にスルーされ、従者たちは早速出かける支度をし始めていた……。

「……あれが、コカトリスです。嘴で突かれると、石化してしまいます。
 完全に石化した部分をまた突かれると……砕け散ります」
 外に出て、しばらく歩くと雄鶏……尻尾が蛇?  トカゲ?  みたいな、にょろりと細長くて鱗に覆われた金色の鶏がいた。
「え、あんなに可愛いのに、そんなに怖いの!?」
「……外見だけで判断してはいけません。
 対処法は魔界にも生えている、石化を解除する草がありますから……それを常に携帯するようにしましょう」
 と、ルシさんは周囲を探って、細い葉っぱをした草を引っこ抜いて戻ると、私に見せる。
「これを毟り、茎から出る白い液を患部に当てます。瞬時に石化を回復してくれるでしょう」
 へーえ。これは大事だ。覚えておこう。
「で。空を飛んでる鷲みたいなライオンいるだろ。あれがグリフォンだ」
「おや、ここにもグリフォンがいるとは……」
 ヴィルフリートの指し示した先、確かにバサバサ飛んでいる生き物がいる。
「グリフォンは知ってる。紋章に書かれたりしてるわ」
「その通りだ。ドラゴンと並んで、人間の貴族たちには力の象徴とされていたな」
 3人で城の周囲を歩く。しかし……この間は魔物なんて出なかったのに、今日はそれなりに出会う。
「今日は多いな。勝手に人の土地に入ってきやがって……。天使の匂いに釣られてきたんだろう」
「え……?」
 きょとんとした顔を2人に向けると、ルシさんの顔が険しくなっていて……ヴィルフリートはいつも通りだった。
「こいつの匂いは、俺たちにとっては気になる。悪臭とかそういう、嗅覚での匂いじゃない……。
 感覚、とでも言うべきか。敵が近くにいるわけだからな。神経が過敏になるのさ」
 俺は慣れたけどな、と言いつつも、時折ヴィルフリートがルシさんに『臭い』と文句を言って怒らせているのを私は知っている。
「じゃあ、ルシさんの匂いで集まってるの?」
「そうですね……。拘束具も幾つか外してもらいましたから……漏れ出る気配は隠せないのかもしれません」
 ルシさんの拘束具(革のベルトみたいなやつ)は、ほとんど外した。残っているのは、首の部分と手首のだけだ。
 首のところも外して良かったんだけど、ルシさんが取らなくていいと言ったので残してある。
 なぜかと聞いたら、ニコリと微笑むだけだ。気に入ってんのかな。ううん、倒錯的ィ。

 実際ルシさんの姿は……目立つ。
 黒ずんできている……というか、まだ灰色にもなっていないけど、汚れてきている白い羽根は6枚もある。
 しかも、この羽根は燐光を纏っていた。家にいるときには感じないんだけど、ルシさんが制御してるのかな。
「……どうされました?」
 ルシさんが私の視線に気づき、グリフォンから視線を移す。紫紺の瞳が、また綺麗な色なんだよ……。
 プラチナブロンドの髪の毛は風にながされてさらさらと揺れ、シミひとつない端正な顔立ち。うん、誰が何と言おうとイケメンである。
「あの……?」
「うあ、なんでもない……!  ちょっとだけ、ルシさん格好いいなって思っただけ」
 すると、ルシさんは一瞬表情を無くしてから……ぽっと頬を赤らめて視線を外した。
「あっ……、ありがとうございます……。ルカさんからそう言われると、すごく嬉しいです」
 うわっ、どうしよう。凄い照れてる。あ、上の羽根2枚で顔が隠れた。便利だなぁ、その羽根……。
 と思っていると、超絶に不機嫌そうなヴィルフリートが私の視界へ収まった。
「うわっ」
「うわ、じゃねーよ。お前は、俺という美形を側に置きながら、なんだって天使を先に褒めてるんだ」
 いや、ヴィルフリートだって完璧に格好いい。男のロン毛はキモイとか思っていたけど、ヴィルフリートなら仕方がない。
 私が生まれて初めて見たのに殿堂入りした、実質主席に君臨し続けている至高の美男子なのだから当然である。
 誘われたら拒みづらい声音は、特に反則だ。至近距離でじっと見つめられて『キスしよう』と言われるだけでとろんとしてしまいそうに……いえ、なってますごめんなさい。
「ヴィ、ヴィルフリートは凄く素敵だよ。それに、ニーナもヴィルフリートが街に出ると、女の子が群がって凄いって言ってたし」
「あのアマ……余計なこと言いやがって」
 チッと舌打ちしたヴィルフリートだったが、私の表情を伺っている。なんだ、別に怒ってないよ。
「まぁ、いろんな女が俺に身体を押し付けて『抱いてくれ』って言うわけだよ。断るのも一苦労だが、相手をするのも一苦労だ」
「はぁ。そうでしょうね……」
 私の反応が乏しいのが気に入らないのか、ヴィルフリートは『違うっ』と、怒っている。
「そこは嫉妬するもんだろうが!  私の知らないヴィルフリートがいる、とか!  お前、俺に興味持たなさ過ぎだろう!」
 ああ、そっちか……。
「別に興味がないわけじゃ、ないわよ……」
「ほう?」
 あ、ヴィルフリートの表情に明るさが戻ってしまった。ニヤリとした笑みを浮かべ、私の肩に手を置いて耳元で囁く。
「――じゃあ、あるんだな?  俺に好意が」
 うっ、そうきたか。
 しかも、今まで照れまくって顔を隠していたルシさんが、羽根の間からこちらをじっと伺っているよ……。
 ルシさん、目が怖いよ。マジな顔してますよ。
「えー……あー……」
 期待に満ち溢れるヴィルフリート。
 剣呑な眼差しで私を見つめるルシさん。口には出さないが『ルカさんは僕が居ればいいんです』という電波を受信した。
 返答次第では修羅場が展開されそうな状況になってしまった。

「どうなんだ、ルカ?  正直に言えよ」
「……ルカさん」
 うわああ、怖いよう!!
 ここは『ヴィルフリート』『ルシエル』『どっちも』『答えない』という選択肢のどれかでやり過ごすしかない……!
「わ、私、2人とも、大事だよ?」

 だが……私の選択は一番最悪だったようだ。

「なんだ、このへたれ」
「八方美人ですね」
 すっかり興味が失せた様子のヴィルフリートと、少しばかりの軽蔑が含まれた視線を向けるルシさん。
「なによー!  自分たちで勝手に盛り上がった後で勝手に盛り下がって!  私だって誰も好きになれない葛藤があるんだからね!」
「お前が勝手にそう決めてるだけだろ」
「そうですよ。僕には素直になってください」
 彼らは私に好いてもらうことが当然と思っているな……。人の気も知らずに……。
「ふん、自分たちは女の子じゃないからそう思えるだけだよ」
「そんなことない。男だって、そうそう一生添い遂げていいと思うような女はいないぞ」
 そう言ったヴィルフリートの視線は、私に注がれている。
……ちょっと熱いので、困るな……。
 しかし、視線を逸らしたのがいけなかったのだろう。
「ルカ。お前、ちゃんと俺を見ろ!  何嫌がってんだよ!」
 がしっと肩を掴まれて、首筋を甘噛みされる。
「きゃあ!?  ちょっと、何してんのよ!  やだっ!」
 しかも、ちょっと吸い付いてきたりするので甘い刺激が……っ!
「やめなさい!  ルカさんから離れ――」
 血相変えたルシさんが、私とヴィルフリートの間に入って引き離そうとした瞬間だった。

 私たちの目の前に、白い剣士がどこからともなく現れたのだ。
「……ん?」
 きょとんとした私とは対照的に、ルシさんは意外そうな顔をし、ヴィルフリートはぎょっとした顔をして唇を私の首から離す。

 男の人は銀髪を揺らし、すぅと左右の目の色が違う、オッドアイを細める。
 左は青で、右は赤い色で、珍しいなと思っていると……その男の人は口を開いた。

「吸血種か」
「いや、俺は――」
 殺す、と男はいきなり言い放って、剣を向けるとヴィルフリートに斬りかかっていったのだった……!!

BACK    NEXT

web拍手 by FC2